2017年12月31日

面更紗

基本は面被りの魚ですがまれに生まれる希少価値の魚です。
頭の赤色に白色が混ざっての魚柄です。
私は毎年、期待の魚柄です。

DSC_0441.jpg
posted by 龍王 at 09:16| Comment(0) | らんちゅう話

日の丸

面被りの魚で背の中央に赤い丸の魚を日の丸と呼びます。
冬眠状態の魚をすくい写しました。

DSC_0443.jpg
posted by 龍王 at 09:13| Comment(0) | らんちゅう話

かつぶし

現在の当歳魚で冬眠状態の魚をすくい写しました。
親魚にかつぶしの柄の魚がいませんでした。
皆さんはカツオと呼んでいます。
背の中央に赤い帯状の模様が一本尾筒まである魚柄です。
私はあまり好きになれない柄です。

DSC_0440.jpg
posted by 龍王 at 09:04| Comment(0) | らんちゅう話

魚柄 面被り


模様で面被り(めんかぶり)と呼びます。
頭が赤い魚です。頭とヒレが総て赤色です。
頭の上が赤い魚は多く見られますが頭全体が
赤い魚はなかなかお目に掛かりません。
魚柄で人気の魚です。

DSC_0368.jpg
posted by 龍王 at 09:00| Comment(0) | らんちゅう話

2017年12月27日

魚柄 腰白

腰白 (こしじろ)と言います。
尾筒の部分だけが白く他は赤色の魚です。
前会長が好きな柄魚です。

DSC_0352.jpg

posted by 龍王 at 10:32| Comment(0) | らんちゅう話

魚柄 舞妓さん

舞妓さんを想像させる更紗模様の魚です。
私の好きな柄模様の魚です。
面、ヒレは総て赤色で体に模様の魚です。

DSC_0094.jpg
posted by 龍王 at 10:29| Comment(0) | らんちゅう話

魚柄 面被り

この魚は面被り(めんかぶり)です。
愛好家では好きな人が多く顔の下まできれいに赤色の魚はなかなかお目に掛かりません。
たいがいが上の部分だけが赤い魚が多いです。ヒレも総て赤色で可愛い魚です。

DSC_0264.jpg
posted by 龍王 at 10:26| Comment(0) | らんちゅう話

2017年12月18日

魚色

素赤色の魚とは一見、猩々(しょうじょう)と間違いがちです。
頭から赤色ですが尾ひれの先端が白い魚です。
この魚も私は産卵にに♀を使います。
♂は更紗魚を用います。

DSC_0295.jpg
posted by 龍王 at 13:33| Comment(0) | らんちゅう話

色柄模様

今回から色柄模様の説明です。
まず猩々(しょうじょう)頭から尾先まで赤色の魚です。
私は種魚として使います。
面被りの魚を産卵に使うより更紗、面被りの魚が出るような気がします。

DSC_0287.jpg
posted by 龍王 at 13:30| Comment(0) | らんちゅう話

品評会

今回は品評会の審査基準で色々な欠点魚の部署に付いて書きます。

背の凹凸、尾筒の曲がり、つまみ、すぼみ、不揃い、捲れ等。

目は目覆、出目、目凹等。体系もバランスが悪い魚、異常に頭の肉瘤が出ている魚。

体系的に異常に尾が大きい魚等の部位を見ればいいが全体を見れば異常なバランスです。
posted by 龍王 at 13:27| Comment(0) | らんちゅう話

2017年12月13日

審査基準

一般の皆様から何を基準に品評会審査をされるか?
と時々に聞かれます。

私なりに思いを書きます。

審査基準が違うとお思いの方も居られますが悪しからず。

IMG_20160702_100302.jpg



まず親魚は3歳以上の魚、
2歳魚は昨年に生まれた魚、
当歳は文字通りに今年生まれの魚です。

まず魚の全体の姿とバランスです。

親魚は歳相当な大きさであり
頭、胴体、尾等が最も特徴を生かして全体にバランスが整った魚です。

二歳と当歳魚も会の標準的な大きさを求めています。

次は鱗の並び色艶が綺麗な魚です。
]鱗は乱れず綺麗に並び体系に比例して小さい物がいいです。

次に魚である以上、泳ぎ方です。
優雅に軽やかな尾さばきで泳ぐ物がいいです。

次は模様ですが
全体の見た目でヒレが白い魚、胸びれ尾ひれが白い魚はやはり見劣りします。
たまに、片方の胸びれが白い魚が上位に上がることもありますが
全体のバランスが良くて気にならない品格の魚です。

素赤、猩々、面被り、腰白、更紗等の模様の見栄えです。
頭の白い魚でも黄色頭はいいでしょう。
各部署に白があっても全体のバランスで迫力の魚でしたら審査員の目を引きます。

審査員も人間です。

自分の好みがあり会の審査員の好みの魚を出しましょう。
ただ時々にこの魚は将来的に良くなる?と聞きますが
品評会当日の魚の審査をお願いしたいですね。

IMG_20160712_162731.jpg
posted by 龍王 at 08:46| Comment(0) | らんちゅう話

2017年12月07日

冷えました

12月6日の朝です。
姫路測候所から西へ400mの位置に自宅がありますが
気温がー1.7℃でこの冬の最低で180Lと80Lの容器に薄氷が張りました。

すっかり冬眠状態です。エアーも止めてますがストーンはそのままで無精してます。
水も出来上がりまして魚は毛布にくるまれています。

DSC_0435.jpg


DSC_0434.jpg

最後は11月の初め頃に水換えし割水せずに水が出来るか心配しました。
触らずに閑かにに春を待ちましょう。

posted by 龍王 at 13:34| Comment(0) | よもやま話

2017年12月06日

神戸観光

東京の大学の同窓生の関西旅行の3日目は神戸市内です。
神戸異人館巡りと言いましたら行かなくてもいいと変わりに
鉄人28号を見せてと横浜の連れからの要望で
異人館前と元町中華街を車内から降りることなく通りすぎ
新長田駅の西の若松公園内の漫画掲載の大きさの鉄人28号を見せては感動しきり。

DSC_0430.jpg

私もJR神戸線の車内から後ろ姿のみ見てました。
実際に正面から見てもとても良かったですね。
お昼は神戸ステーキのランチの予約を済ませて新神戸駅で解散しました。
無事に別れてひと安心でした。
皆、満足感で帰京したと思います。
posted by 龍王 at 16:47| Comment(0) | よもやま話

有馬温泉

姫路城、好古園の後は皆、温泉好きと言うことで有馬温泉に行きました。

DSC_0429.jpg

地元ですがあまり行くことがなく約20年振りかも中心地をうろつきまして太閤像を見つけました。

DSC_0426.jpg

川の赤い橋の横には北政所寧々の像もありました。
太閤像の近くに白長大明神もあり誰しも分からない様な場所にあります。

DSC_0425.jpg

有馬温泉に行かれましたら探して下さい。
いい温泉です。
DSC_0427.jpg
posted by 龍王 at 16:40| Comment(0) | よもやま話